怖がりなワンちゃんの気持ち!?

犬同士の挨拶にて


今日は、犬同士の挨拶について少し考えてみたいと思います。

最近、気温も下がりワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても(^_^;) お散歩のしやすい気候となってきました。いきなり夏日になる日もまだありますが・・・

 

お散歩の最中に犬同士が挨拶する状況の時、たまに見かける光景で、

一方のワンちゃんは挨拶がしたそうで、近付いていくのですがもう一方のワンちゃんはちょっと怖いのか、飼い主さんの足の間や後ろに隠れてしまっています。

 

そのような時に、「ほらほら、挨拶してきなさい」と言いながら、隠れているワンちゃんのお尻を押している、そんな光景を見ることがあります。この時のお尻を押されているワンちゃんはどのような気持ちになっているでしょうか?

 

左の写真は、飼い主さんの足元の間に後ずさりして隠れてしまっている様子です。

 

こんな時、リードで引っ張り出されたり、お尻を押されたりしたら、「なぜ怖いものへ近づけるの?」と思われてもしょうがないですよね。

 

人だって、ライオンの檻に無理やり押されて入れられそうになったら抵抗しますよね?(^-^;

 

こんな時には、無理に引っ張り出したり押したりしてはいけません。余計に恐怖を助長させてしまい、他のワンちゃんに対する恐怖心を増やすだけになってしまいます。

 

時間をかけられるのであれば、自分から出てこれるまで待ってあげたり、オヤツ与えて怖い気持ちを誤魔化してあげたり、声をかけて怖い対象のものから意識を逸らしてあげるなど、一度、不安や恐怖といった感情を和らげてあげると良いと思います。

 

そして、ちょっとでも冷静な状態になれて、かつ、相手のワンちゃんがおとなしくしていられるのであれば、上手に挨拶が出来るようになるかもしれません。犬同士の挨拶には、練習と経験が必要だと思います。しかし、全頭がおとなしいワンちゃんだけではありません。ハイテンションなワンちゃんもいれば、他の犬に対して興味がないワンちゃんもいます。特に、怖がりな性格のワンちゃんは、まずは、挨拶が上手なワンちゃんと練習を重ねることが重要です。

 

他にも、特に他のワンちゃんに挨拶がしたくてたまらないハイテンションな子の場合、もし、怖がりなワンちゃんに会った時には、飼い主さんの方が相手のワンちゃんに配慮して、自分の犬を近づけさせないようにしてあげることも重要です。相手のワンちゃんが犬恐怖症にならないように、相手のワンちゃんの様子をしっかり見ることも大切です。

 

上手に挨拶できる環境を作ってあげて練習すれば、左の写真のように遊びに誘うぐらいまで馴れることもあります。

しかし、全部の犬が挨拶がしたいわけではありません。他の犬が苦手なワンちゃんもいるので、挨拶は無理強いするものではないということも理解してあげることが重要だと思います。