犬のしつけ方教室 パピークラス開催

パピークラス始まりました!


アイリー動物病院にて第7クールの1回目パピークラスが始まりました!

今回もたくさんのご参加いただきましてありがとうございます!

楽しくレッスンにご参加いただき、ワンちゃんのことを色々と知ってもらえれば幸いです。

今日は初顔合わせということもあり、挨拶の練習がメインとなっていますが、色々な性格の子が居て勉強になります。それぞれのワンちゃんに合わせた対応方法を覚えていただき、実際の生活の中で活用していただければ幸いです。

パピーの頃から人とどのように挨拶すればよいのか知っている子は少なく、この時期に経験したことをベースに人との付き合い方を学習していくので、知らない人間とはどういう存在なのかをワンちゃんに伝えることは重要です。

 

やり方は簡単で、○怖がらせない近付き方、触り方 ○大好きなオヤツを一粒あげる この2点に気を付けてもらえるだけでOK。

 

イヌに近づく際には、ゆっくりした動作で近くに

しゃがんであげてください。ワンちゃんの方から近付いてくるのを待ってあげると良いでしょう。また、頭をいきなり撫でられたりすることが苦手な子もいるので、最初はワンちゃんに手の匂いをかがせてあげたりして、下からアクセスすると良いでしょう。

 

パピーの頃は好奇心が旺盛な子が多いため、人が近付いてくると自分から寄っていきやすいですが、その時にいきなり頭の上から手が出てきたリ、押さえつけられるような印象を持ってしまうと人の手が伸びてきたときに後ろに下がってしまったり、時には、反射的に噛みついてしまうこともあります。なので、オヤツや食べなれているドッグフードなどを手のひらに乗せて、食べさせてみましょう。人の手が近付いてくると美味しいというイメージを持てるようになれば、人は美味しい存在、うれしい存在として認識してくれるようになります。人間には小さい子供からご高齢の方まで色々な年齢層の人が居ます。特に、人間の子どもなどはワンちゃんにとって予測できない動きをしたり、いきなり触られたりするので苦手になることが多いです。

 

ワンちゃんを家族に迎え入れるにあたり、飼い主さんにはワンちゃんが「人と一緒に楽しく生活を送れる」ように人社会を教えてあげる責任があります。まずは、最初の項目として、人と接することは嬉しいことだと教えてあげるために、色々な人たちからオヤツをもらう練習をしてください。きっと人間が大好きなワンちゃんになります!

 

犬のしつけには、人がどれだけ犬の立場になって考えてあげられるかによって、ワンちゃんにとって過ごしやすい生活環境を提供できるのかどうか変わってきます。ワンちゃんの「生活の質」を高めてあげるためには人側の配慮が重要です。犬の事をしっかり理解し、飼い主さんが人社会との橋渡し役を担うことで、ワンちゃん達は安心して楽しく生活することが出来るようになります。人社会で上手に共存できるマナーの良いワンちゃんに育て上げるために、パピークラスを通してどのようなことを教えてあげればよいのか、皆さんと一緒に楽しくレッスンしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!